手のしびれ 原因と症状 > 手が痺れる事によって考えられる病気

手が痺れる事によって考えられる病気

手が痺れると言った症状が出てくる場合、様々な病気が考えられると思いますがその中でどう言った病気があるかいくつかご紹介してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

まずは病院ですが手に痺れが出る様であればすぐ医者に行って診てもらった方がいいと思うのですが、何科を受診すれば良いのかよく分かりませんよね。整形外科に行ったらいいのか?それとも神経だから脳神経内科なのか?など迷ってしまうと思います。症状によって受診する科が変わってきますので下記を参考にしてみて下さい。

まず整形外科を受診する必要がある病気と言うのは「椎間板ヘルニア」が主に挙げられると思います。椎間板ヘルニアは背中から軟骨が飛び出してしまって神経を圧迫、刺激する事によって手に痺れが出ていると言う事になります。

また椎間板ヘルニアに一度なってしまうとクセになってしまって再発しやすくなりますので、普段の生活から気をつける様にしましょう。

次に脳神経内科を受診しなければいけないと言った場合には少し病気も深刻になってくると言った感じがします。
病名で言うと「手根管症候群」「脳梗塞」「頚椎症」「肘部管症候群」などちょっと聞いても怖いですよね。

こう言った病気の場合に起こる手の痺れと言うのは主に、親指から薬指あたりに痺れを感じ始めます。そして手首が圧迫されているので手首の神経によって痺れが発生し、結果的には筋肉まで衰えさせると言う事に繋がります。ですから物を掴めないとかそう言った症状が出て来る様になるのです。