手のしびれ 原因と症状 > 手の痺れによる症状

手の痺れによる症状

手が痺れたとか足が痺れたとか経験をした事はないでしょうか?

朝起きたら手が痺れていた。これは多分手を枕にして寝てしまったと言う理由からではないでしょうか?

同じく足が痺れたと言うのは正座をしていたからではないでしょうか?

これは腕や足が一時的に圧迫されてしまう為に、血行が悪くなり痺れてしまうと言う症状です。

しかし、ここでお話するのはそう言った痺れと言う物ではなく、病気が関係する手の痺れに関してのお話です。

もし何の理由も無しにふと気付いたら手が痺れていたと言う場合、もしかすると脳梗塞の前兆だったり様々な疾患の原因の予兆だったりする可能性があります。

たかが手の痺れと侮らないできちんと調べなければならない程重要な物なのです。

手が痺れる症状と言うのも様々有って、「何となくビリビリするような感じ」「痛みがある痺れ」「痺れていて感覚がない」など本当に個人差があります。

治療を本格的にするのであれば、自分の手の痺れの症状が一体どう言う物なのか正しく判断をしておく必要があります。

痺れの場所によっては原因となる神経が変わってきますので正しく医師に伝えられるように自分の症状はきちんと把握しておきましょう。

どちらにしても、自分の手に痺れを感じる様であるのならば、ネットや本などで調べて自己診断をして医者に行かないなんて事がない様に、きちんとした医療機関で診てもらう様にする事が安心と、健康を手に入れる事だと思います。