手のしびれ 原因と症状 > 手のしびれと病気に関して

手のしびれと病気に関して

手の痺れが出たなと感じて暫くその痺れが続くようであるならば、そのまま放って置かずにきちんと整形外科などで診断を受ける様にする事が大切です。病院に行くのが怖いからとか、放っておけば治るだろうとか素人的な判断は危険ですので絶対に止めましょう。

手に来ている痺れに関して、手や腕全体的に起きている痺れなのか、手のひらだけに起きている痺れなのか、指だけにある痺れなのかそれによって考えられる病気と言うのが違ってきます。

手や腕全体に痺れが来ている様であるならば、最も疑わしい病気と言うと「椎間板ヘルニア」と言う首の骨に出来てしまう病気ではないかと思います。この病気になると肩凝りも酷くなるし、最悪首に痛みが出る事もあるようです。この病気は首にある頚椎の間にあるクッション的な役割をしている椎間板が出てしまう事によってそこに走っている神経が圧迫され痺れが起きてしまうと言う理論になっています。もし本当にこの病気が原因なのであればレントゲンなどを撮るとすぐに分かりますのでやっぱり痺れが起きたらすぐに病院に行く様にしましょう。

次に手の平に痺れがあるとか、腕でも片方だけ痺れているとか言う場合には、首と言うよりは神経の障害と言う物が考えられます。もしこの末梢神経が原因なのであれば治療法は注射や手術などがあると思います。

また、痺れを放って置く事で、最悪の場合脳卒中になってしまう可能性もありますので是非早めの診断を受けるようにして下さい。