手のしびれ 原因と症状 > 手が痺れてしまう原因

手が痺れてしまう原因

手が痺れてしまうと言った症状が出る事があります。

これは何かの病気の前兆であったり、単に筋肉が緊張してしまったり、他にも症状が出てしまう原因と言うのは本当に色々あると思います。

手に痺れが出てしまうと言う場合、首、腕、手等を通っている神経が背骨から走行していて、その背骨のすぐ近くにある神経根と呼ばれている部分が圧迫されて痺れとして起こるのです。

腕にはいくつかの種類の神経が走っています。

それぞれの神経が圧迫されてしまう事でその神経が司っている部位に痺れが起きてしまうと言う訳です。

その神経の種類ですが、「腋窩(えきか)神経」「筋皮(きんぴ)神経」「正中(せいちゅう)神経」「尺骨(しゃっこつ)神経」「橈骨(とうこつ)神経」等が挙げられます。

また痺れが起きる原因として胸郭の出口付近にある神経「腕神経叢」と言う神経が圧迫を受けてしまう事によって上肢、指等に痺れと言った症状を生じさせるようになり、これを「胸郭出口症候群」と言う様に呼んでいます。

この他にも血液循環で一時的にでも障害が起きてしまった場合、精神的ストレスによる場合、糖尿病の場合、血行不良など様々な原因が考えられると思います。

また手の痺れや脳梗塞等の脳の障害であっても発生する場合があり、とても身体に大切な信号を送っていると言う事になります。何も無いのが一番ですが、もし今手に痺れがあって心配をしているのであれば、一度専門のお医者様を受診する様にした方がいいと思います。