手のしびれ 原因と症状 > 手のしびれについて

手のしびれについて

手足が痺れてしまって病院で診察を受ける時には、病院で神経回路の何処に問題があるかと言うのを手から脳まで調べたりします。その時に針を使って肌を突かれたりして痛みや感覚があるかどうか、手の指先を曲げたり伸ばしたりしてみて運動能力がどれだけあるかどうかと言う事をチェックします。
この指先を伸ばしたり曲げたりする行為ですが、これは10秒で20回位出来れば普通みたいです。

また昔よく膝を叩いて跳ね上がるかどうかと言う脚気のテストをしたのを覚えているかと思うのですが、手でもそう言うのがあり、腱の部分をハンマーで叩いて跳ね上がるかどうかを見極めると言うテストもあるみたいです。

そうやって手の痺れが何処の神経のせいなのかと言う事をチェックし、そこで病気の可能性がある場所のレントゲンを取って異常がないかどうかを調べるのです。

またレントゲン以外で調べる方法と言ったらMRI検査と言う物があり、これは椎間板ヘルニアを調べたりする時や脊髄空洞症など脊髄に関して調べる時に使われたりします。またこれで原因が特定出来ない場合には、脊髄造影という方法が取られるみたいです。

更に脊髄がどれだけ神経を圧迫しているかどうかと言うチェックはCTスキャンなどでも出来たりします。

以上の様な検査が行われて痺れの原因を突き止めていくみたいなので、手足の痺れが出たなと感じたら、怖いからと放って置かずにすぐ病院に行って診察をする様にしましょう。