手のしびれ 原因と症状 > 手のしびれが起こってしまう病気

手のしびれが起こってしまう病気

手や指に痺れが起きている場合、神経の何処が圧迫されているのか頭の部分から手の部分まで調べます。

神経は頭⇒首⇒鎖骨⇒腕⇒肘⇒手首⇒指と全部繋がっています。

手や指が痺れてしまうのはこの何処かの神経が圧迫されているからだと思うのです。

その中でも特に圧迫されやすい神経がある場所があるので説明してみたいと思います。

【首】
神経が圧迫されやすい場所として挙げられるのが「首」周りです。

「変形性頚椎症」「頚椎椎間板ヘルニア」などの病気が痺れの原因になる事があります。

これらの病気は首の骨が変形してしまう事、首の骨の間にある軟骨が出てしまう事によって神経が圧迫されてしまうのです。

ですから手が痺れてしまうと言う事になるのです。

【鎖骨】
鎖骨の下にも神経がありますが、ここも圧迫されやすい場所です。

「胸郭出口症候群」と言う病気が元で痺れが起きるのですが、大体なで肩の女性に多い症状だと言われています。

【肘】
肘の内側にも神経があって、ここを圧迫される場合には「肘部管症候群」と言う病気であると思われます。

特徴的には手が痺れますが、特に小指が痺れてきたり痛くなったりします。

また筋肉が弱ってきたり萎縮してきたりと言う症状が出てくる事もあるようです。

【手首】
手首にある靭帯部分が圧迫されて痺れが起きる場合がありますが、これを「手根管症候群」という様に呼んでいます。

大体の理由は怪我や打撲、パソコンの使い過ぎ等が原因ではないかと言う様に言われています。