手のしびれ 原因と症状 > 手や指が痺れてしまう原因

手や指が痺れてしまう原因

もしあなたの手や指が痺れてしまって原因を調べたいと考え、病院で診察を受けた時にはきちんと問診の時に、「いつから」「どこが」痺れているのかをきちんと伝える様にしましょう。

手が痺れていると一言で言っても、指が痺れている場合、指の中でも親指・人差し指・中指・薬指・小指などどの指から痺れが始まったか、左右どちらの手から痺れが始まったかで原因が変わってくると思います。

手が痺れる人は指、腕、付け根、肘など色々な場所から痺れが始まる人がいて、人それぞれ個人差があるのです。

手が痺れている事に関してはあまり甘く見ない方が良いと思います。

手の痺れの原因って指先や手先だけの問題ではない事も多々あり、手の神経は脳の神経から繋がって来ていますので、全体的に調べる必要が出てくるのだと思います。

その原因をきちんと突き止める為にもどこからどの程度、いつから痺れが始まったかをきちんと伝える必要があるのです。

また、ただ痺れていると言うだけでは良くは分かりません。

痺れもどのように変化していったのか、強くなって来ているのか弱くなって来ているのか、痺れている位置が変わっているのか同じ位置なのかなど症状も様々だと思いますので細かく覚えておき、診察時にはきちんと説明できるようにしておく準備をしておいた方がいいでしょう。

また手の痺れに関する診察をする場合には、どのくらい感覚が鈍っているのかペンなどで手を突いてみて調べたりとか、指を曲げたり伸ばしたりしてみたりとかのチェックをされる事があります。