手のしびれ 原因と症状 > 手の痺れ「手根幹症候群」以外の原因

手の痺れ「手根幹症候群」以外の原因

手に痺れと言う形で症状が出る原因は「手根幹症候群」と言う病気もあるのですが、それだけではなく、別の病気や障害が原因となって痺れが発生してしまうと言う事はよくある事だと思います。

その症状として一番多いのが「血行不良」かもしれません。血行不良で起こる症状には「肩凝り」と言う症状がありますが、手の痺れと言うのも血行不良で起こる事があるのです。その代表的な症例としては正座をした後立ち上がると痺れがくるとか、腕枕をすると腕が痺れるとかあると思いますが、これは足や腕の一部が圧迫されて血行不良を起こしたのが原因だと思われます。皆さんこれは経験があるのではないでしょうか?

またその他の原因に関して言うと神経系のヘルニアが原因の場合もあります。手の痺れって手首が圧迫された事だけで発生するものではなく、その手首を繋いでいる首や肩などの部分が圧迫される事でも痺れる事があります。また脳梗塞などの前兆でも痺れが起きてしまう場合もあります。

このように、色々な病気の前兆として手足や腕などに痺れが出てくる場合もあるのです。手や腕などに痺れが発生しても少し放っておくと治ってしまう場合もある為に、案外軽んじて見られてしまう「痺れ」ですが、何かの前兆として起こっているのであれば放っておくことは出来ないと思います。
ですから、放って置かずに必ず病院へ行って医師の診断を仰ぐようにして下さい。何も無ければそれだけでも安心だと思います。