手のしびれ 原因と症状 > 手が痺れる原因

手が痺れる原因

手や腕、指先等が痺れてしまう原因と言うのはたくさんあります。

ではいったいその原因とはどう言う物があるのか?

下記に少し挙げてみたいと思います。

【神経が圧迫される】
末梢神経が圧迫されてしまう事で手や指先に痺れが発生してしまう事があります。

手や指先の何処の場所が痺れているかによって末梢神経のどの神経が圧迫されているかが分かります。

その末梢神経も何処を流れているか箇所により名前が違っていて、正中神経、腋窩神経、筋皮(きんぴ)神経、橈骨(とうこつ)神経、尺骨(しゃっこつ)神経等があります。

【脊髄の障害】
脊髄の障害が痺れの原因となる事もあり、代表的な物は脊髄のヘルニアだと言われています。

これは頚椎に負担がかかってしまっている為に起こる物で、首を反ったり首を前傾させたり、頚椎が変形したりしてくると症状が強く現れる様になります。

頚椎が変形してしまう原因の一つに加齢や事故などがあります。

症状を和らげる為には負担を首にかけない事が大切です。

【糖尿病】
若い人達から見てみると糖尿病で痺れ?と思うでしょうが、血糖値が高い状態が続くと、手・指先・足先と言ったような身体の末端から痺れが起きる様になります。

また痺れだけでなく痛みや末端の感覚が鈍って来ると言う症状も出て来る様になります。

糖尿病を放っておくと、症状は更に色々出る様になり、排泄障害、顔面麻痺、筋肉の委縮など本当に大変な症状が出て来る様になりますので、きちんとした処置を受ける様にして下さい。